生理中の性行為で妊娠するのかどうか、恋人がいる人は気にしたことがあるかもしれません。今回はその謎をここで解き明かしたいと思います。女性にしかない生理の悩み、疑問をここではっきりさせましょう!

アフターピルは薬局に売ってる?

結論から言えば、日本では法律の関係上、薬局やドラッグストアでアフターピルは販売することができないこととなっています。要するに、薬局やドラッグストアでは市販されていません。 そのため、アフターピルを入手しようと思ったら産婦人科を受診しなければいけないこととなっています。

アフターピルは、望まない妊娠を避けるために飲む薬ですから、その効果があるとされる時間内に薬を内服しなければなりません。市販のピルは、通常、子宮内膜への精子の着床を防ぎ、妊娠を回避する薬です。 ドラッグストアや薬局でアフターピルを購入できない場合、薬を予め備蓄しておくこともできないので、性交渉をしてから72時間というリミット内に産婦人科を受診して薬を処方してもらわなければならないことになります。

ピルは、基本的に自費診療扱いとなるため保険証は要りませんが、病院で購入すると、薬剤師による説明を受けた上で購入することができるので安心ですし、しっかりとアフターピルに関するリスクなども説明してもらえるというメリットがあります。 アフターピルは性行為後、一定の時間内に飲まなければ避妊効果を得ることができないため、行為後迅速に薬を処方してもらうことが大切となります。

最近では、新しいタイプのアフターピルが登場し、120時間いない(5日以内)に1錠服用することで、効果を得ることができるようになっています。

アフターピルを処方してもらいたい場合には、婦人科での処方が基本となります。ただし、扱っていない病院や薬局がある場合もあるので、処方してもらう前に問い合わせを行なうと確実です。 早期に内服した方が効果が高まるので、確実に処方してもらうため、事前に問い合わせた方が良いです。

薬局や医師による処方がメインとなっているアフターピルは、通信販売でも購入することができます。病院に通院することができない場合でも、通販であれば購入することができるので便利です。 服用方法も基本的に錠剤タイプのものを飲むだけで良いので難しいこともありません。

プライバシーはしっかりと守られますし、迅速に送ってもらえるので、安心して服用することができます。念のためにアフターピルを常備しておきたいという方も通信販売を使っている場合が多いです。 ピルには様々な種類があり、飲み方を間違えると効果が減ってしまう可能性があるので、同封されている注意書きや説明書きをきちんと読むことが大切です。

通販でなら処方箋なしでも買える

アフターピルは市販されていませんが、通信販売を活用することで処方箋なしでも購入することができます。 薬局やドラッグストアで購入する場合には、医師による処方箋が必要となりますが、通信販売の場合にはそのような面倒なこともなく、プライバシーも守られるので、安心して購入することができます。 処方箋をもらうためにわざわざ病院に行かなくても良いということもメリットです。

通販でアフターピルを購入する際に心配なのは到着までの時間です。大手の通信販売会社が販売しているアフターピルを購入すれば迅速に配送されるので、薬の効果期間内に薬を手に入れることができます。 海外のアフターピルを購入することもできます。病院で処方してもらうよりも安く購入することができるというメリットもあります。 わざわざ産婦人科を受診する必要もないので、近くに病院がない場合や、病院に行く時間がない場合、何らかの理由で病院に診てもらうことができない場合などでもアフターピルを入手することができるのが、通信販売で購入する最大のメリットです。

最近では、クレジットカード決済、荷物などに商品に関する記載なしなど、送られてくる荷物にも、それとわからないように送られてくるので安心して購入することができます。