生理中の性行為で妊娠するのかどうか、恋人がいる人は気にしたことがあるかもしれません。今回はその謎をここで解き明かしたいと思います。女性にしかない生理の悩み、疑問をここではっきりさせましょう!

生理中?生理前後?妊娠できるベストな期間とは

女性のスケジュール帳

妊娠を希望している人も、していない人も、妊娠について学ぶという事はとても大切です。妊娠をしやすい時期は実際にあるので、それを知識として知っておくことで希望する時期に妊娠ができる可能性が高まります。

では妊娠やすい時期について考えていきましょう。多くの人が生理中は違うだろうというように考えるのではないでしょうか。確かに生理中に避妊をせず性交渉を行った場合、妊娠をする確率は低いと言えます。 しかし実際、生理中に行為を持った場合、妊娠をする可能性はゼロではありません。避妊を望んでいる人はここは注意しておくことが重要です。 生理中だから大丈夫と安易に考えず、避妊をするのであればしっかりと避妊具を利用するなど対策を行うように心がけましょう。 妊娠するためには性交渉が排卵日の直近で行われることが必要になります。 排卵は生理開始日から14日前後と考えられますが、個人個人の排卵日は違いがあり、またその時々の体調や精神的な部分でも、影響が出るため排卵日が前後する可能性が高いともいえます。

では、排卵日を予測するためにはどのようにすればよいのでしょうか。おりものの状態を見て確認するという方法もありますが、こちらでは正確性が低いとも考えられます。 基礎体温は継続的につけておくことで、だいたい予測することが出来るとされています。低温相から、高温相にかわる境で、体温がぐっと大きく下がる日があります。このあたりの2日ほどで排卵が起こるといわれています。 もちろん基礎体温に関しても、体温がぐっと下がって1~2日で排卵が起こる人もいますし、もうすこし遅いタイミングで排卵が起こるという場合もありますので、基礎体温と生理日の関係を自分自身でチェックして傾向を見てみるという事も必要です。

排卵をよりしっかりと確認したい場合には、排卵検査薬を利用してみるのもお勧めです。尿を採取してチェックすることによって、排卵がいつごろ起きるかという事が目で理解できます。 基礎体温、検査薬を併用して調べてみることで自分の体のサイクルがよりわかる可能性があります。 婦人科で排卵したかどうかをエコーチェックすることもできます。特に妊娠を希望しているという人に関しては、基礎体温の記載を行うと同時に、婦人科に通院して排卵のタイミングを見てもらうという事も大切になります。 性交渉のタイミングがずれてしまうと、妊娠に至るのが難しくなってしまいますので、しっかりと体の状態を調べておくことも必要になるのではないでしょうか。

危険日っていつのこと?

危険日というのは、避妊を考えている人が、性交渉をすると妊娠してしまう可能性がある期間をさします。いわゆる排卵日前後のことを指していると考えられます。 危険日以外でも、実は妊娠をする可能性がありますので、避妊を希望している場合には、知っておくことが大切です。

危険日は排卵日前後とされていますが、実は体調によっても、また精神的にストレスと抱えているというような状態にある場合、その日が遅くなったり、早まったりという事があります。 ですから、生理から14日ぐらいと考えて、その期間をさけて性交渉をしてももしかすると日にちがずれていて妊娠してしまうという事もあり得ます。 また、精子が長く生存しているという場合もまれにあり、危険日よりももっと前に性交渉を持ったから大丈夫だと思っていても、精子がまだ生きていて受精してしまったというようなこともあります。 ですから、いつが危険日だからそこをさければいいというように、単純に考えることは避けましょう。避妊を望んでいる場合には、性交渉を行う際には必ず避妊具をつけるという事が重要です。 相手や自分自身が穏やかに安心していられるためにも、しっかりとした知識を持つことがとても大切といえるのではないでしょうか。